お世話になった方々


鈴木 茂明 先生 (声楽家・指揮者)

日本語と音楽の密接な融合を果たした高田三郎作品の演奏に務め、指揮法及び演奏法を20年あまりにわたり作曲者自身に師事。高田作品の第一人者。

2014年のTMS主催「高田三郎作品によるレクチャーコンサート」では、鈴木茂明氏のもとに多くの合唱愛好者が集まり「水のいのち」を合唱した。

TMSメンバーは鈴木茂明氏に個人レッスンを受けている。

我々の声が年齢よりも若いと自負するのは、そのおかげである。

高嶋 昌二 先生 (指揮者)

「合唱団ことのは」「混声合唱団うたうたい」など7団体の常任指揮者。

大阪府合唱連盟副理事長かつ、関西合唱連盟理事かつ、

日本を代表する指揮者。

そんな大阪のおっちゃんの音楽に魅かれ、継続して指導を受けている。

藤澤 篤子 先生 (ピアニスト)

 

「合唱団京都エコー」「住友金属混声合唱団」をはじめ、関西の高校・大学から職場・一般にいたる数多くの合唱団でピアニストとして活躍。

その大胆かつ繊細な音色はいつもTMSのメンバーを別世界に招いてくれる。

波多野 睦美 先生 (メゾソプラノ歌手)

 

代表 黒田真由美が波多野氏の熱烈なファンであったことから始まり、今では団員全てが波多野氏の支持者となった。

心安らぐ透き通る声、作品の言語を活かした発音と表現に少しでも近づきたいと思い、数回レッスンをしていただいた。

橋本 靜一 先生(声楽家)

小学生からお母さんコーラスまで幅広い年齢層へのヴォイストレーナーとして活躍。

TMSが「親子で歌おう合唱団」時代からお世話になっている。

自分の声と身体に自然体で向き合える発声法は私たちの目指すところである。

佐野 靖 先生(東京藝術大学音楽部教授)

音楽科のカリキュラム・授業研究・教師教育、ミューズ教育等を主なテーマに活動を展開。教科書の編集、教育行政の協力者等の任務にも携わる。

童謡・唱歌にかかわっては、「心に響く童謡・唱歌-世代をつなぐメッセージ」を刊行後、各地で同様・唱歌を歌い継ぐ活動を展開している。

富山ではTMSと共に3回の童謡・唱歌レクチャーコンサートを行った。